2020年2月の写真

今月の写真/寒天に川鵜が羽ばたく。五線譜には一本足りませんが、電線を背景にすると、まるで優雅な曲を奏でているようです。澄んだ大空を飛ぶのはさぞ気持ちの良いことでしょう。昔、パラグライダーの一日体験へ行ったことがあります。風の調子が悪かったので、鳥のように風を切ることはできませんでした。風をつかまえられず、急斜面を駆け下りるだけで汗だく。鳥は鳥でも、まるで駝鳥。優雅に飛ぶ鳥を見る度、そんな駝鳥だった自分を思い出します。